世界の彼方

Twitter @kuzyakumaru

供養

先日キャスで話した毒菱パだが、考察していると「毒菱を軸とした」構築はあまりにも現環境にあってないと思われるので思考をまとめておく。

 

毒菱パとは

毒菱を巻いて、みがまもで削り倒す、確定数をずらして倒すなどがある。

 

毒菱を負けるポケモン

パルシェンマタドガスハリーセンロズレイドビークインドラピオンデスカーンダストダスアギルダードヒドイデ、デスバーン、バチンウニ

 

その中でも性能が高いポケモン

パルシェン 

毒菱まくだけではなく自身が抜きエースとなれる。ミミッキュに強いのもえらい。

詳しくは5世代の毒菱パルシェンの記事がたくさんあるので気になったらそっち見て。

ロズレイド

神通力やマジカルシャインを覚えるので技範囲が広く火力もそれなり。特殊耐久が高く、電気・水に対して受け出しがしやすい。毒菱の刺さらない鋼・飛行を呼びやすいのが欠点。

アギルダー

s145族でドラパルトの上を取ることができ、ほぼ確実に毒菱をまくことが出来る。起用なポケモンであくび、アンコールをはじめ様々な技がある。アシッドボムや命がけで相手のプランを崩すことも可能。ほぼ先発起用なので数的不利や対面性能が弱いのが欠点。また鋼に手も足も出ない。

ドヒドイデ

無難に強い。ただ軸として毒菱を撒くパーティでは、性能としては最下位。サイクルの中で絡めて毒菱を撒いていく形であれば普通に強い。技スペがキツイのが悩みではあるか。再生や毒の効かない相手に対して熱湯やけどを狙えるのは偉い。

あとこいつ相手に毒菱撒かれても、回収できる。

 

組み合わせたいポケモン

みがまも(エルフーンオニゴーリ、オーロンゲ等)

火力が微妙に足りないやつ(ドラパルト等)

 

 

 

配置学

 

※ここで述べることはあくまでランクマッチにおける、配置によって生じる事象です。並びが汚い、綺麗については述べていないので悪しからず。

 

ランクマッチにおいて技の配置や選出画面の配置が引き起こす事象をそれぞれ述べていく。焦点となってくるのは時間切れで何が起こるか、である。

  • 技配置

「技配置が生じる問題って、時間切れで一番上の技が選ばれることでしょ。大したことじゃないじゃん」と思われた方もいるだろう。確かにその通りだ。しかし真剣に考えたことはあるだろうか?時間切れになるという状況をちゃんと想像してほしい。それは択が発生した時や裏のポケモンを予想している時など、迷っているときに生じるだろう。

 ここで考えて欲しいのが時間切れで押せなかった自分のミスをチャラにすることである。つまり怯みや麻痺のバグ、氷などを狙える技を一番上に置くことで、そういったことが可能となる。

つまり、何が言いたいかというと技配置の一番上は運要素のある技を置くことで自分のミスをなかったことにできるよ、である。

 

 またこれ以外にも技配置の重要な点がある。それはpp合戦になった場合だ。今作は持ち時間制であるためpp合戦になった場合、相手の持ち時間をなくすことも想定しないといけないため、早く押すことが求められる。早く押すためには当然一番上にある方が良い。

 TODがあった6世代では時間めい一杯使うために左上を身代わり(グライオン)にすることで放置しながらTODを狙える方法もあったので知っておくと良いだろう。

 

  • 選出画面の配置

こちらが本題。今作は前作の良仕様を引き継がず、何故か時間切れになると選択したポケモンすら選出出来ず上から3匹が選ばれてしまう。さらに、今まで0秒になっても若干の猶予があり選択できたのだが、今作は0秒になるとすぐに画面が切り替わってしまうため上3匹の重要度が増したと思われる。

上3匹が選ばれるということは上3匹が弱いポケモン(地雷枠や性能が低いポケモン)であると選出した際に不利になる可能性が高い。つまり上3匹おいておきたいポケモンは単体性能が高い、補完が取れる並びなどが望ましい。

このことは結構重要で、今作選出画面の切り替えをしないといけないため、考える時間が従来のランクマッチと比べると少なくなっているので上3匹だけでも意識すると時間切れで弱い選出をしたから負けたなどのようなリスクは減らすことができるだろう。

 

 

長々と書いてきたが正直言ってこれらのことによって生じる「負け」は微々たるものである。しかし「勝つ」という行動のためには、このような些細な事象を排除していく必要があると考えているので文章にした。

 

f:id:kuzyakumaru:20191206235419j:image

 

 

アイスクライマーめも

*あくまでSPからスマブラ始めた雑魚の言ってることです。鵜呑みにしないでください。

f:id:kuzyakumaru:20190213220519p:image

ナナ可愛い

 

 

 NBは連打しない。特に上に吹き飛ばされた時NBを振るのではなく、空Nや横Bで帰るように意識する。

NBを連発する場面→復帰の弱い相手、(パーセンテージが高い相手) もちろん切り離してから

 

 横Bはあと隙狩られやすいので注意。入らないと思ったら当てずに引くのも手。

 調子乗って場外に行かないように。

 

下強は刺さる場面でしっかりと出す。むやみやたらに出さない。

(下強遅落下→空後つよい!!)

 

  課題

切り離しがスムーズにできるようにする。

交互ブリザードを撃てるようになる。

立ち回りにしっかり意味を持たせる(直感も大事だが直感ばかりではダメ)。

凍らせた後、上強拘束→(踏みつけ)→スマッシュをマスターする。

自滅しない

 

 

 

 

ちなみにポポとナナは兄妹ではありません。友達です。🤝